子育てゲーム

過去の自分に伝えたい

「発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ」で褒め方を学ぶ

読んだ本

 たまたま見つけた発達障害の本で褒める教育に興味を持ち始めた。他の本も読んでみたいと思って買ってみた。

応用行動分析学Applied Behavior Analysis : ABA

 発達障害の療育法にはABA(Applied Behavior Analysis:応用行動分析学)というのがある。作者のshizuさんはお子さんが自閉症だと診断されたにもかかわらず、ABAを取り入いれて子育てを工夫し、お子さんの能力を大きく伸ばすことができたそう。以下の悩みを持つ親に役立つ。

  • 子どもが目を合わせてくれない
  • 言葉が遅れている
  • 一日中子どもを叱ってイライラする
  • 何度同じことを言っても言う事を聞かない
  • ほめ方が分からない

ABAを取り入れ子育てをより良く 

 僕はこれまで教育のための教育を受けてこなかったので、自分の子育てが良いのかどうか分からなかった。しかし、ABAを取り入れた褒める子育てで、良い方向に近づけていると感じている。

 この本は発達障害向けだが、学んだことはどの子どもにも使える。ABAはスポーツ界や企業コンサルティングなんかでも取り入れられているそうで、子育て以外にも役立つ。

英語の「Let's」でいい関係を築く

 褒めることは簡単。すごいで!いいね!かっこいい!みたいなのは誰にでも出来る。難しいのは叱るときや指示を出すとき。

 子育てにおいて「~しちゃダメ!」「早くして!」みたいな注意や命令、否定するような言葉をかけるときが多くなる。こういう言葉がけは子どもを委縮させてしまう。それを防ぐためには肯定的な言葉がけが大事。「~しちゃダメ!」や「~しなさい」は「~しようね」という風に言うとかなり印象が変わる。

ABC分析でイライラをなくす

 子育てでイライラはつきもの。それをなくすために有効なのが、心理学にあるABC分析ABC分析ではある行動を状況、行動、結果の三段階に分けて、対処法を考える。よくある例として「お菓子をねだる子供」の対処法がある。この本にも例が載ってあるので分かりやすい。子どもの問題行動を客観的に見ることで親もストレスを軽減できる。

子どもを育てるのは親

 子どもの内は何も出来ない。守れるのは僕ら親だけだ。褒める教育も大事ではあるが、肯定的な言葉がけを使うように、接していく上で僕ら親も色々と注意することがある。僕は子育て新人ではあるけど、いろんな本を読んで上手に子育てしてきたい。

【読書】「発達障害かも! ? うちの子って――お母さんの心がかるくなる62の処方箋」で子育ての困ったを無くす

読んだ本

 僕は心配性なんで、常に子供に対して心配している。子供が風邪をひけば心配だし、他の子が出来てうちの子が出来ないと心配だし、数えだしたらきりがない。親なら誰もが思うだろう。

 子供は未熟だから伝えるのも下手だ。手探りで色々とやってみるも泣いてばかり。子供のメッセージが理解できないで、どうしたらいいか分からなくて辛い時もある。こういった悩みから少しでも解放されたくて買ったのが「発達障害かも! ? うちの子って――お母さんの心がかるくなる62の処方箋」。

 子育てには興味があったので、色々探し回ったらこの本を見つけた。対象年齢は乳幼児期から小学校入学後まで。子育てにありがちな言葉の遅さやかんしゃく、落ち着きない、不器用など親が困った時の対処法が書いてある。発達障害とタイトルには書いてあるが、全ての子供に使える子育ての必読書だ。

子育てのポイント

 子育てのベースとなるポイントが3つ。1つ目が「褒める」こと。褒めることによって自立に必要な、自分自身の存在価値を感じてもらう「自己肯定感」と困難に立ち向かうための力「成長マインド」を育てることができる。

 2つ目はクールに子育てすること。子育てにはイライラがつきものだ。そんな中で褒めることは難しい。そのイライラを抑えるよう親にも工夫が必要だ。

 3つ目が一緒に良い行動を体験すること。6歳ぐらいまでのうちは言葉だけでは十分伝わらないことが多い。そのため、言葉だけで伝えるより、一緒に良い行動をして褒めることにつなげる。

さいごに

 発達障害の本を読むうえで大事なのは、発達障害を一旦忘れること。自分の子は発達障害なのかどうなのかは一切考えない。とにかく、目の前にいる自分の子にしっかり向き合う。確かに、本にある行動するから不安になることもある。でも、本当に心配なら医師や保健師さんに相談すればいい。

 この本を読んだ目的は悩みを無くすこと。本を読んで余計に悩んでは意味がない。目の前の子供に向き合うことで、毎日の成長が楽しみになってくる。子育ては長い。肩の力を抜いていこう。

【2018年から本気出す】結局、習慣化に一番必要なのは「気合」

 

習慣化できない辛さ

物事を習慣づけるために苦労してる人は多いと思う。僕もその一人だ。新しいことを始めようと意気込むも、結局やらないで終わってしまう。「自分を変えたい」という気持ちは強いが、それが行動に移らない。

 

僕が失敗した習慣化のコツ

これまで物事を習慣づけるために色々と試してきたが、ことごとく失敗した。僕が試した習慣化のコツと失敗した理由を考えてみる。

20秒ルール

20秒だけでも始めてみようという方法。20秒という短い時間だが、僕は始めようとしなかったので終了。

スケジュールに組み込む

物事をスケジュールに組み込むだけで終了。そもそも、スケジュール通りに動ける時点で出来る人間だ。そんな人が習慣化できない訳がない。

記録をつける

記録は振り返ってモチベーションを上げるもの。数日やって記録を振り返ったところで何も感じないので終了。

ご褒美を考えておく

僕にとってのご褒美とは、外食や旅行など、とにかくお金がかかるものなので終了。毎日実践できるようなご褒美は、ご褒美とは言えないし、満足できない。

良い道具を使ってみる

良い道具を買っただけで終了。

始めやすいよう見えるところに置いておく

放置して終了。

 

気合で動く

結局、始まらないと意味がない。しかし、始めるためにはエネルギーが必要。このエネルギーを出すためには「気合」しかない。少し大げさだと思われるが、ダメ人間になってしまうと本当に動けなくなってしまう。物事を始めるためのエネルギーは気合で捻出するしかない。

 

僕が習慣化したトイレ掃除

僕はワイフの妊娠が分かった時からトイレ掃除を始めた。トイレ掃除をするとかわいい子が生まれるらしい。ダメ人間にとって、トイレ掃除は敷居の高い習慣ではあったが、生まれてくる子供のために気合で頑張った。

たまに抜ける日もあったが、そこは気合で次の日にカバーした。習慣づいてくると、やらないといけないという気持ちが芽生え、長期間空くということが無くなった。お陰様でかわいい子も生まれ、現在でもトイレ掃除は僕の習慣になっている。

 

ベビーステップから始めよう

始めるだけですべてのエネルギーを消費しないために、少ない気合で始められるコツがベビーステップだ。ベビーステップとは赤ちゃんでも出来るような簡単なことから始めようというもの。

簡単なことなら何でもあると思う。掃除でいえば、ちょっとしたホコリを取るだけでも良い。勉強なら簡単な問題から始めてみる。

一度始めてしまえば意外とやってしまう。それが毎日続くと習慣だ。その時だけでいいから気合を入れてみよう。

 

読んだ本

 

お金持ちの習慣を真似したところでお金持ちになれない

お金持ちになるために。

  • 今年は収入を増やしたい
  • お金持ちにありがちな3つの習慣
  • 今の自分が出来ることを考える
続きを読む

子供が生まれる前に知りたかったベビーグッズの選び方

ベビーグッズ選びで失敗しないために、僕が気をつけていること。

  • ベビーグッズを買う目的
  • 安全面
  • 機能面
  • 金銭面
  • 現物を見よう
続きを読む