子育てゲーム

過去の自分に伝えたい

【BF1】爆撃機はいいカモである

 ただし、ガンナーが乗っている時は除く。

 

 

爆弾を落とすスタイルに魅力を感じた

 BF1が発売された当初、爆撃機は飛行機の中で1番気になっていた。僕が遊んだBF3、BF4には爆弾を落とすタイプの戦闘機は無かった。だから、爆弾を落とす爆撃機は新鮮だった。

 

 初めて操作した時、これまでにない使いにくさを感じた。案の定、コンクエストで活躍できることなく現在に至る。

 

爆撃機の欠点は「機体の大きさ」と「動きの遅さ」

 爆撃機は、他の戦闘機に比べて機体が大きく、動きも遅い。ガンナーがいなければ、制空権を取れていない状況では間違いなく活躍できない。今作は、固定武器である対空砲が空に対して良い仕事をする。敵の飛行機以外にも気をつけることは多い。

 

爆弾は強い

 しかし、爆撃機の爆弾は強い。特に通常弾爆撃機の爆弾は、確実に当てると戦車を破壊することができる。戦車は地上戦では大きな戦力となるので、爆撃機も馬鹿にはできない。

 

爆撃機は上級者向け

 ただ、やっぱり弱い。弱いと言うより、扱いが難しいと言った方がいいだろうか。地上で戦っていても、あのゆっくりした動きで飛行しているのを見ると攻撃したくなるし、実際攻撃しやすい。空中戦最強の戦闘機も1機では厳しいが、2機いればガンナーが乗っていても地上の援護なく破壊できる。

 

爆撃機は空の状況と相談して乗ろう

 要するに、制空権を取れていないのであれば、爆撃機はよっぽどの自信がない限り乗らない方が良い。直ぐにやられてしまう可能性が高い。野良の場合、ガンナーが乗ってくれる保証もない。もし乗りたければ、味方や敵の飛行機事情を確認してから乗ろう。

 

参考記事

nebaro.hatenablog.jp