子育てゲーム

過去の自分に伝えたい

【BF1】Martini-Henry(狙撃)レビュー

 Martini-Henryで300キルは辛かった。

 

300キルにコツなんて無い

 4月末のパッチでMartini-Henryの狙撃モデルが登場し、2,3週間経つだろうか。最近になってようやくアンロックすることができた。アンロックのコツは特に無い。僕はとにかくコンクエストで頑張った。

 

Martini-Henryは使いづらい

 Martini-Henry(歩兵)は扱いにくい。なぜなら弾速が遅いから。よくあるのが、静止している敵が動いてしまって弾が当たらないこと。スナイパーあるあるなんだけど、弾速が遅いと余計にそうなる。偏差射撃も他のスナイパーライフル以上に意識しないといけないから当てるのが難しい。

 

銃剣突撃のコツは慌てず敵の隙きを見つけること

 銃剣突撃で25キルするのは意外と楽だった。敵に遭遇するなんてことは日常茶飯事。隙きを見つけて銃剣突撃してみたら結構いける。突撃兵の地雷で25キルや援護兵のリムペット爆弾で25キルに比べたらチャンスが多い。銃剣突撃を失敗して敵をスルーする瞬間は悲しいけど。

 

Martini-Henry(狙撃)の使用感

 Martini-Henry(狙撃)はMartini-Henry(歩兵)に高倍率スコープがついたようなもの。スコープがある分、遠くの敵が狙いやすくなったが、さっきも言ったように弾速が遅いんで微妙。弾速がもっと速ければかなり良いんだけど、このままならもういいかなって感じ。とりあえず、アイアンサイトから解放されて嬉しい。