子育てゲーム

過去の自分に伝えたい

「モンテッソーリ教育で子どもの本当の力を引き出す!」で子育ての予習を

 読んだ本

モンテッソーリ教育とは

 モンテッソーリ教育というのを知っているだろうか。創始者マリア・モンテッソーリさん。イタリアの女性医師だ。多くの教育法が様々な子育ての経験から生まれているのに対し、モンテッソーリ教育は、医学、生理学、心理学といった学問が土台となっているのが特徴だ。

 モンテッソーリ教育は、1907年のイタリアのスラム街サンロレンツォで「子どもの家」というのを設立したのが始まり。当時、イタリアでの教育は「子供は何もできないから、親や教師の言うことを聞いていればいい」という考え方だった。しかし、モンテッソーリさんは「子供は全てのことが出来るように生まれてくる。出来ないとすれば物理的に不可能な環境にあるか、どうすればいいか分からないだけ」と異論を唱えた。

「子どもの家」で子供が自ら動く

 モンテッソーリさんが設立した「子どもの家」では、机や椅子、水回りなど全てが子供サイズに作られている。子供は自分たちに合った環境に置かれることで、自分から活動するようになり、その姿は当時の人を驚かせた。

 このように、モンテッソーリ教育は子供が自分の力で自分を育てる自己教育力を信じ、援助することで、自立と自律を促す教育法である。

モンテッソーリ教育を受けた成功者

 モンテッソーリ教育を受けた人には超有名な成功者がいる。

 他にもアメリカの政界人やイギリス王室でもモンテッソーリ教育を受けているそうだ。日本では、最近の将棋界をにぎわしている藤井聡太棋士が幼少期に受けていた。

モンテッソーリ教育で子育ての予習をする 

 この本では、モンテッソーリ教育で子供の成長過程をあらかじめ知ることで、子育てを楽にする。 モンテッソーリ教育では子供の発達を4段階に分けている。

  • 0歳から小学校に上がる6歳まで:乳幼児期
  • 6歳から12歳までの小学校時代:児童期
  • 12歳から18歳までの中、高校時代:思春期
  • 18歳から24歳まで:青年期

モンテッソーリ教育のキーワードは「敏感期」

 モンテッソーリ教育には重要なキーワードがある。それが「敏感期」だ。敏感期では、子供が何かに強く興味を持ち、集中して同じことを繰り返す、ある限定された期間だ。上の4段階でいえば、乳幼児期と思春期だ。親はこの変化の激しい期間をいかに乗り切るかがポイントになる。

 この本で焦点を当てられているのが0歳から6歳までの乳幼児期。子供によって差はあるが、我が子が敏感期に入り、どのような行動をとり、どのような環境を用意するかが書かれている。

モンテッソーリ教育で子育てをじっくり楽しむ

 モンテッソーリ教育で子育ての予習をすることで、子供の何気ない行動が成長につながっていると思える。親が子供にお節介する必要はなく、見守り、少しの手助けをしてやれば子供は育つんだなと改めて思った。我が子が成長していく上で、何に興味を持ちどう成長してくのか、これからが楽しみだ。