読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てゲーム

過去の自分に伝えたい

妻が妊娠中に僕が読んだ本2選

 「子育てゲーム」というタイトルをつけてゲームばかりの記事。今回はじめて子育てについて書く。子育てカテゴリ一発目は、奥さんが妊娠中に僕が読んだ本について。書評じゃないよ。

 

本を買ったのはもっと知りたかったから

 僕は奥さんが妊娠中に本を読んだ。一番の理由は、妊娠について色々と知りたかったから。予習したかったってこと。妊娠って一大事。それも初めてのことだったから不安ばかり。その不安を知ることでちょっとでも無くしたかったんだよね。

 

ネットの情報を信用しきれてなかった

 基本的な情報はネットに沢山ある。実際、買った本で調べるよりネットを見ることの方が多かった。それでも本を買ったのは、ネットの情報にも良いものと悪いものがあるから。気になるのは、誰が書いたか分からない記事。

 

もしものことが起こったら

 妊娠中は身体が変化する。ネットにある情報で妊婦や赤ちゃんにもしものことが起こったらどうするよ。最近では、その道のプロが書く記事も増えてはいると思う。でも、なんか本の方が安心する。ちょっと偏見かな(笑。

 

かかりつけの病院の情報が一番安心かも

 当たり前なんだけど、妊娠についての情報は病院で教えてくれる。むしろ病院での情報が一番安心できて納得できる。やっぱり面と向かって言ってくれるからかな。何か不安なことを「聞ける」ってすごい大事だと思った。

 

妻が妊娠中に僕が読んだ本

 買った本は2冊。妊娠についての本と育児についての本。まずは妊娠についての本。

最新版 はじめての妊娠・出産 安心百科

 キンドルを持っているので、キンドル版で妊娠の基本的な情報が載っていればなんでも良かった。僕が知りたい基本的な情報とは、妊娠中の身体の変化や過ごし方、食事や出産前のこととかそういうの。なか見検索で読んでみて、良さそうだから買ってみた。

 

 この本で、妊娠についての基本的なことは大体まかなえる。産後のこともちょっとだけ書いてあるけど、産後は産後で別の本を買った方が良いと思う。レビューにもあるけど、この本の文字や写真のレイアウトは雑誌みたいな感じ。だから、キンドルだと文字が小さくなる。それが気にならなければ良い本だ。

はじめてママ&パパの育児―0~3才赤ちゃんとの暮らし 気がかりがスッキリ! (主婦の友実用No.1シリーズ)

  2冊目は子育てについての本。妊娠中に子育ての予習したかった。この本はキンドル版じゃないけど、アマゾンのカテゴリ「赤ちゃんのいる暮らし」で1位だったから買った。赤ちゃんが居ないんだからどの本を買えば良いか分からない。こういう時は、無難に人気なものを選ぶ。

 

 この本は、なか見検索ができない。だけど「イメージを見る」で本の感じはつかめる。うちの子は生まれてそれほど経ってないので、これからこの本にお世話になると思う。

 

まとめ

 もっと本を読んでいかないといけない。妊娠本も子育て本も。特に子育てのことは分からないことばかり。僕ら夫婦の育て方で子供の人生が決まる。もっと知って子育てに生かしていきたい。そして、子育てを楽しんでいきたい。