読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てゲーム

過去の自分に伝えたい

スト5新参者による防御のコツ

スト5新参者による防御のコツ。はっきり言って防御は難しい。超難易度だ。

 

防御は不利な状況

 基本的にタイマンにおける防御は不利な状況である。有利なのはもちろん攻撃側。「攻撃は最大の防御」とも言うし。FPSみたいに複数同士の戦いであれば、他のメンバーがカバーしたり、地形を利用したりすることで弱い人間でも勝てたりする。ランチェスター戦略とかいうのがあるよね。

 

防御の基本はしゃがみガード

 防御といえば、安定のしゃがみガードである。しかし、しゃがみガードは絶対防御ではない。しゃがみガードは中段攻撃は防げないし、投げも防げない。攻撃側は通常攻撃や中段攻撃、投げをランダムに組み合わせてガードを崩してくる。防御が上手いということはそれらを防げるということになる。しゃがみガードでやっていけるのは初心者のうちだけである。

 

画面端における防御の重要性

 防御の上手い下手がわかる一番の状況が画面端。画面端でしっかりガードができるだけで上級者だといっていい。そもそも画面端に追いやられている時点で残念なんだが、初心者に限らず、上級者にもよくある状況なんで、画面端でのガードテクニックを絶対に身につけてほしい。

 

投げ回避

 画面端で投げハメされると色んな意味で辛くなるよね。ハメられたくなければ、投げ回避を身につけよう。投げ回避については、「遅らせグラップ」でググって欲しい。私も上手い方ではないので、詳しい人の解説の方がいい。

 

しゃがみ弱Pを入れてみる

 画面端で、相手の連係攻撃に苦しみ、ガード状態から抜けられない状況ってのよくある。そんなときに役立つのがしゃがみ弱Pだ。どのキャラもしゃがみ弱Pは発生が早い。連係攻撃にも必ず隙ができるので、タイミングよくしゃがみ弱Pでつくことができれば、相手の連係攻撃を崩せる。

 

あえてずっとガードしてみる

 ガードを崩すのもそれなりにテクニックがいる。隙きの大きな攻撃がガードされれば反撃されるし、無敵技のこともある。ガードに徹していると、相手がそういうことを警戒して自然に離れていくことがよくある。ずっとガードするのも1つの選択肢だ。

 

まとめ

 防御のテクニックは、直ぐに身につくものではない。慣れも必要になってくる。一番簡単な「あえてずっとガードする」テクニックも、言いかえれば単なる無抵抗だ。下手な人の場合だと、普通にボコられて終わることもある。効果を発揮させたければ、無敵技やVリバーサル、上記の投げ回避やしゃがみ弱Pを身につけておかなければならない。結局、上手くなりたければ一生懸命練習する道しか残っていない。